スタッフブログスタッフブログ

国際結婚国際結婚で成婚されたら… タイで行われる結婚式と披露宴2020.07.28

そろそろ結婚したいなぁ…と本気モードの男性へ。
こんにちは、名古屋の婚活・結婚相談所のウェディングベルです♪

ウェディングベルの国際結婚の成婚率は100%です。ご成婚に至ったカップルは1か月後にタイで結婚式を挙げ、披露宴を行います。

でも…、異国での式の準備やタイと日本の披露宴の違いなど、どうやって対応すればいいんだろう?と不安に思いますよね。今日は、国際結婚で成婚に至ったあとの現地での結婚式や披露宴の流れについて少しご紹介します。

 

 

成婚に至ってからタイで結婚式・披露宴を執り行うまでは1か月。式場の手配や準備はウェディングベルが行います。新婦は親族やタイの友人など40~50人を招きますが、招待状などは自分たちで準備してくれます。

結婚式は動画(https://wedding-bell.co.jp/int_marriage)でもご紹介したようにタイならではの儀式などもありますが、披露宴はキャンドルサービスやケーキカットなど、日本のスタイルとあまり変わらないようアレンジしています。料理は中華です!一方で、タイの雰囲気も融合させ、独特な動きが特徴的なタイ舞踏やプロのタイ人歌手によるステージも準備しています。

式のために新郎がタイに到着すると、まずは新婦と一緒に衣装選びです。女性はウェディングドレス、男性は襟の高いタイのタキシードです。衣装選びはとても楽しいひととき。結婚するという実感がお互いにフツフツと湧いてくる時間でもありますよね!

当日は午後3時ごろには会場へ入り、新婦はヘアメイクや着替えなど支度をすませます。式は午後6時ごろから始まり、披露宴とあわせて2時間30分程度を予定しています。男性の親戚席にはウェディングベルのスタッフが座らせて頂き、式や披露宴がスムーズに執り行われるよう、通訳を介して色々とサポート致します。終了後は新婦のご両親とウェディングベルのスタッフも一緒にホテルの部屋に戻り、日本でいうところの結納を行って、記念すべき一日は終了です。

このあと入館管理局などでの手続きを経て、タイから新婦が来日されるまで半年ほど。新婦はこの間、タイの日本語学校にも通います。来日されて二人で初めて交わす日本語はどんな言葉になるのかが楽しみですね。

 

0120-050-758受付時間 12:00~20:00(火・水休み)